【原発処理水海洋放出】首相、就任直後から決定時機探る コロナや政局影響

 福島県浪江町の請戸漁港。奥は東京電力福島第1原発の排気筒=7日
 福島県浪江町の請戸漁港。奥は東京電力福島第1原発の排気筒=7日
東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出が決まった。昨秋の就任直後から何度もタイミングを探っていた菅義偉首相。処理水の保管容量や新型コロナウイルス、衆院選、東京五輪などさまざまな事情を考慮し、決断に踏み切ったとみられる。事故から10年。廃炉の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録