【東京五輪まで100日】開催前提も各論で隔たり 世論とギャップ解消されず

 東京五輪・パラリンピックを巡る主な課題
 東京五輪・パラリンピックを巡る主な課題
100日後に迫った東京五輪は観客数の上限や水際対策を巡り、なお課題が山積する。日本側と国際オリンピック委員会(IOC)は「人類がウイルスに打ち勝った証し」(菅義偉首相)として開催を前提とした方針を共有するが、各論では隔たりがある。新型コロナ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録