Free青森県高校総体は6月4~7日 先行開催含む35競技で熱戦

青森県高校総体の競技日程と会場
青森県高校総体の競技日程と会場

青森県高体連は13日、青森市で春季評議員会を開き、2021年度の大会日程などを決定した。青森県高校総体は6月4~7日を主会期に、先行開催9競技を含む35競技で熱戦を繰り広げる。総合開会式は、新型コロナウイルスの終息が見込めていないため、参加者の安全を確保する観点から中止とする。

 県高校総体は県内8市5町が会場。八戸市で体操、バスケットボール、サッカー男子など6競技、十和田市で剣道、馬術、少林寺拳法、むつ市でボート、ヨット、フェンシング、三沢市でホッケー、野辺地町でハンドボール、六戸町で空手道、五戸町で女子サッカー、階上町でゴルフが行われる。

 県高校定時制総体は6月12、13日(陸上競技は5月27~30日)に青森市で行う。

 大会ポスターには、工大二の大久保彩音さんが描いた作品を採用。スローガンは、高校総体が玉井愛理さん(八戸北)の「終わらない終わらせない 執念のもう一歩」、定時制総体が鈴木寛大さん(八中央)の「今 走り 今を超え 今に勝つ」となった。21年度県高校運動部活動奨励賞には、八戸工男子体操部と名農アーチェリー部を選んだ。

 また、前任の定年退職に伴う新会長には、青森西の下川原堅藏校長が決まった。

お気に入り登録