代替検査の考え方、今月中に提示/原燃

日本原燃は13日、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の完成に必要な「使用前事業者検査」に関し、放射線量が高く実施困難な場所での代替検査の考え方を今月中に提示すると明らかにした。試運転で汚染されている建屋内の「セル」と呼ばれる小部屋などを検.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録