【ワクチン接種】巨大事業ようやく始動 うねる第4波、自治体主役

 高齢者接種を担う自治体の懸念
 高齢者接種を担う自治体の懸念
新型コロナウイルスワクチンの住民接種事業が65歳以上の高齢者を対象にして、ようやく動きだした。今後、全国の自治体が事業の主役となり、進んでいく。巨大な国家的プロジェクトは期待が大きい半面、自治体にはワクチン供給への不安が消えない。変異株の影.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録