規制委、親会社から異例の支援体制聴取 RFS設工認の審査不備で

原子力規制委員会は12日、安全対策工事に向けた設計認可(設工認)の審査に入ったリサイクル燃料貯蔵(RFS)の使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)を巡り、同社の審査対応に不備があるとして、親会社の東京電力ホールディングスと日本原子力発電幹部か.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録