【ワクチン高齢者接種】供給第1弾の5万人分、どう使う 「施設入所者を最優先」のケース多く

 自治体の取り組み
 自治体の取り組み
12日から始まった高齢者向けの新型コロナワクチン接種は、第1弾の供給量が全対象者約3600万人の0・1%に当たる約5万人分しかない。配分が限られる中、実際の接種を担う市町村は、いかに有効に活用するか工夫している。 重症化やクラスター(感染者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録