【競泳日本選手権総括】松元ら五輪「金」期待のタイム

 女子100メートルバタフライで優勝し、スタンドに向かってガッツポーズする池江璃花子=4日、東京アクアティクスセンター
 女子100メートルバタフライで優勝し、スタンドに向かってガッツポーズする池江璃花子=4日、東京アクアティクスセンター
競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権は10日閉幕し、男子は200メートル自由形の松元克央(セントラルスポーツ)らが本番で金メダルを期待できるタイムで泳いだ。女子は白血病から復帰した池江璃花子(ルネサンス)の代表入りと4冠が鮮烈な印象を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録