【松山マスターズV】日本人初挑戦から85年で快挙

 日本男子の主なメジャー上位成績
 日本男子の主なメジャー上位成績
日本勢で初めてマスターズの舞台を踏んだのは1936年の第3回大会に出た陳清水と戸田藤一郎だった。2009年に石川遼が17歳で出場するまで、21歳だった戸田が最年少出場だった。 戦争による空白を挟み、58年の中村寅吉と小野光一が挑戦を再開。日.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録