【まん延防止措置】第3波反省踏まえ病床確保

 病床確保の課題と対応策
 病床確保の課題と対応策
今冬の「第3波」で病床が逼迫(ひっぱく)した反省を踏まえ、政府は病床確保計画の見直しに着手した。感染拡大時には一般医療を制限してでもコロナ病床を確保する姿勢で体制整備を進める。ただ、まん延防止等重点措置の適用地域を中心に自治体の感染者対応の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録