時評(4月10日)

孫の親代わりをしてきた祖母が、実母である娘を相手に、孫の世話をする監護者として自分を指定するよう求めた家事審判で、最高裁は認めない決定をした。民法を条文通り解釈し「父母以外は審判を申し立てることはできない」と初めての判断を示している。 形式.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録