【原発処理水海洋放出】トップ会談直後に押し切る 肩落とす漁業関係者

 東京電力福島第1原発の敷地内に林立する処理水などが入った円筒形のタンク。奥は3号機建屋=2020年8月、福島県大熊町
 東京電力福島第1原発の敷地内に林立する処理水などが入った円筒形のタンク。奥は3号機建屋=2020年8月、福島県大熊町
東京電力福島第1原発で増え続ける処理水を巡り、政府が海洋放出の処分方針を固めた。全国漁業協同組合連合会(全漁連)会長と菅義偉首相とのトップ会談からわずか2日。政府が漁業者側の根強い反対を押し切った形。「これからという時に…」。本格操業に向け.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録