十和田市がDV等支援措置対象者の住所漏えい 損害賠償20万円で和解締結

十和田市は9日、ドメステッィクバイオレンス(DV)の被害者など、住民票などの書類で個人情報が隠される「支援措置」の対象者1人に関する書類を、住所を記したまま、対象者の勤務先に送付するミスがあったと発表した。確認不足が原因。市は対象者に謝罪し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録