肉牛増頭や乳量増加が柱 青森県が生産近代化計画公表

青森県は8日、県酪農・肉用牛生産近代化計画(2021~30年度)を公表した。肉用牛の飼養頭数や、乳用牛の乳量増加が柱。肉用牛は30年度の飼養頭数を6万3700頭とし、18年度から約1万頭増やす。乳用牛は微減の1万1500頭とするが、生乳の生.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録