【物言う株主と対立】東芝、外資と局面打開へ「荒技」

 経営陣とファンドが組んだ株式非公開化の事例
 経営陣とファンドが組んだ株式非公開化の事例
「物言う株主」との対立が激化していた東芝に、外資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズが出資して株式を非公開化する「荒技」による局面打開が浮上した。原子力などの国策を担う名門企業の行方は、米中対立で国際関係の新たな焦点となった経済安全保障.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録