Free絶景花見露天「ねぶた桜灯りの湯」お披露目/星野リゾート青森屋(三沢)

「津軽びいどろ」の浮玉の明かりとライトアップされた一本桜を見ながら入浴を楽しめる「ねぶた桜灯(あか)りの湯」=5日夕、三沢市の「星野リゾート 青森屋」
「津軽びいどろ」の浮玉の明かりとライトアップされた一本桜を見ながら入浴を楽しめる「ねぶた桜灯(あか)りの湯」=5日夕、三沢市の「星野リゾート 青森屋」

三沢市の「星野リゾート 青森屋」は5日夕、宿泊客を対象に1日から始めた絶景花見露天風呂企画「ねぶた桜灯(あか)りの湯」をお披露目した。辺りが暗くなった浴場では、伝統工芸品「津軽びいどろ」の浮玉を使った明かりが優しく輝き、幻想的な空間を演出。ねぶた制作の技法で作られた一本桜が明るく照らされる。岡本真吾総支配人は「青森県を代表する技術と、見事な景色を眺めてゆったりとしてほしい」とPRしている。5月31日まで。

 県の美しい緑と水を表現して造られた露天風呂「浮湯(うきゆ)」で、桜が咲くまでの間は春本番を先取りし、桜が散った後でも花見気分を楽しめるようにと、初めて企画した。

 一本桜は、花びら一枚一枚が針金と和紙で形作られており、満開の桜を楽しめる。

 津軽びいどろの浮玉の色合いは桜をイメージ。夜は柔らかい光が水面に反射し、日中は風呂の周りの池に浮かんで見える様子が“桜のじゅうたん”を思わせる。

 浮玉の制作総責任者を務めた北洋硝子(青森市)の中川洋之取締役工場長は「初めて風呂を見たが、想像よりもすごい作品になった」と満足そうな表情。一本桜の制作に当たったねぶた作家の工藤友哉さんは「幻想的な空間で、手仕事の素晴らしさを感じてほしい」と話した。

 利用時間は午前5時から正午までと、午後1時から翌日午前0時まで。ライトアップは午後6時開始。

お気に入り登録