【厚労省職員の深夜宴会】「雰囲気壊せず」中止意見ゼロ

 厚生労働省深夜宴会の経過
 厚生労働省深夜宴会の経過
厚生労働省の職員23人が3月24日、新型コロナウイルス感染が拡大する中、東京・銀座で深夜まで宴会を開いた。厚労省の説明によると「雰囲気を壊せない」との考えから、誰も中止を言い出さなかった。 ▽感謝 23人は介護保険制度を担当する老健局老人保.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録