【中南米のワクチン接種】偽造、権力者割り込みなど不正横行

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、高官らの先行ワクチン接種に抗議する市民ら=2月(AP=共同)
 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、高官らの先行ワクチン接種に抗議する市民ら=2月(AP=共同)
中南米各国で犯罪組織による新型コロナウイルスワクチン偽造や、権力者によるワクチン接種の順番“割り込み”といった不正が横行している。もともと麻薬組織が暗躍する地域の特徴に加え、専門家は根強い格差や汚職などが要因となっていると指摘する。 ▽資金.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録