【世界文化遺産】政府、新たな国内候補発掘へ 高まる期待も「狭き門」

 暫定リストに記載された国内候補
 暫定リストに記載された国内候補
政府は世界文化遺産登録を目指す新たな国内候補の発掘に乗り出す。現在5件の候補が国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦を待っているが、確実な登録に向け、リストをさらに充実させる。候補から漏れながらも地道な活動を続けてきた関係者の期待は高まる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録