八工大が実習教材ロボット開発 学生の関心向上に期待

教材ロボットで開発に関する理解が高められると説明する本波洋講師
教材ロボットで開発に関する理解が高められると説明する本波洋講師
八戸工業大(坂本禎智学長)は3月29日、実習教材ロボットを開発したと発表した。ロボットは3種類50台ずつ導入。本年度からロボット工学実習で活用し、学生の理解や関心の向上に期待している。 同大は2020年度、電気・電子工学、機械工学、システム.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録