時評(4月3日)

菅義偉首相が目指す社会像「自助、共助、公助」の順番が、新型コロナウイルス対策と絡んで国会論戦の焦点となった。自民党議員も指摘した「今こそ公助の出番」に首相は「コロナ禍では当然」と同調しながらも、自身の考え方は「変わっていない」と答弁。第一に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録