時評(4月2日)

北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受け、国連安全保障理事会は非公式会合を開いた。だが、安保理として一致した対応を取ることはできなかった。中国とロシアが北朝鮮擁護の姿勢を示したためだ。 北朝鮮の弾道ミサイル発射は1年ぶりで、バイデン米政権下.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録