【野西高生の自殺問題】学校側が第三者委の調査尊重 いじめ否定に遺族反発

2019年1月に八戸学院野辺地西高2年の男子生徒=当時(17)=が自殺した問題で、同校(橋場保人校長)は1日、生徒への一部行為をいじめと認定した青森県の調査部会の再調査結果ではなく、学校法人光星学院が設置した第三者委の「いじめはなかった」と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録