日銀短観、コロナ前水準回復

 大企業の業況判断指数
 大企業の業況判断指数
日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断指数(DI)が昨年12月の前回調査から15ポイント上昇のプラス5だった。2019年9月以来、1年半ぶりのプラスで、新型コロナウイルスの感染拡大前の水準を回復した。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録