Free朝のニュースダイジェスト(4月1日)

【むつ市と青森大が連携協定】
 むつ市と青森大は31日、来年4月開設の「青森大むつキャンパス」に関する包括連携協定を締結した。開設準備のほか人材育成や学術研究などで連携、協力する。

【第二駐車場が供用開始】

 十和田市は4月1日、官庁街通りに面する市保健センターと市民図書館の間に整備していた第二中央駐車場の供用を開始する。157台が駐車可能で、料金は1回200円。

【A棟改善計画を承認】
 水産庁は31日、八戸市第3魚市場荷さばき施設A棟の稼働率向上に向けた市と青森県による改善計画(21~23年度)を承認。A棟の4月以降の稼働継続が正式決定した。

【東通原発運転再開時期「未定」】
 東北電力は31日、21年度の供給計画を発表し、東通原発2号機(東通村)の着工、運転開始時期について、東日本大震災後の12年度から10年連続で「未定」とした。

【聖火フェスは8月15、16日】
 東京2020聖火リレー青森県実行委は31日、延期されていた東京パラリンピックの県内での聖火フェスティバルの日程を8月15、16日と発表。ルート、内容に変更はない。

お気に入り登録