相次ぐ不祥事、残る火種 厚労省職員宴会問題

 厚生労働省で相次ぐ失策
 厚生労働省で相次ぐ失策
新型コロナウイルス対策の先頭に立つはずの厚生労働省職員23人が、職場を挙げて深夜に宴会を開いていたことが発覚した。コロナ対策アプリの不具合などに続く不祥事。政府は関係者の早期処分で幕引きを図るが、野党の怒りは収まらない。コロナの感染対策や重.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録