名古屋城、見えぬ木造復元 河村氏構想、停滞あらわ

 名古屋城天守閣木造復元の課題
 名古屋城天守閣木造復元の課題
名古屋市が進める名古屋城天守閣の木造復元は、河村たかし市長が1期目の2009年に打ち出したこだわりの事業だ。史実に沿って江戸時代の姿に再現し「50年後には国宝に」との構想を抱く。だが、有識者や市議会との調整が難航し、完成目標は当初の2020.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録