時評(3月31日)

通信アプリLINE(ライン)の名前やメールアドレスなどの個人情報が、業務委託先である中国の関連会社から閲覧できる状態になっていた問題が明らかになり、国民の懸念が高まった。あらためて個人情報管理の厳格化が求められる。 LINEの出沢剛社長は記.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録