「公共」、理念と現実相克 リアルさ重視、議論促す

高校の新学習指導要領の目玉で、政治や社会への関わり方を学ぶ新科目「公共」の教科書は12点全てが合格した。リアルな社会問題を提示して議論を促す工夫が目を引く一方、受験対策を意識した「知識詰め込み型」から脱却しきれていないものも。理念と現実が相.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録