返還ガラス固化体の受け入れ5年連続ゼロ 原燃が輸送計画

日本原燃は30日、2021年度の輸送計画を公表した。海外からの返還ガラス固化体と使用済み核燃料について、六ケ所村の施設への受け入れは5年連続でゼロとなる。ガラス固化体の受け入れがない理由に関し、原燃担当者は「電力各社と海外事業者が協議した結.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録