三沢市が交通死ゼロ1年 県が表彰

佐々木あつ子部長(右)から表彰状を受け取る織笠一任課長
佐々木あつ子部長(右)から表彰状を受け取る織笠一任課長
青森県は26日、交通死亡事故ゼロ1年を達成した三沢市を表彰した。 同市では昨年3月21日、県道を横断していた男性が乗用車にはねられて亡くなって以来、死亡事故が発生しておらず、22日で記録を達成した。 26日は市市民生活部生活安全課の織笠一任.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録