「第2再処理」見えぬ輪郭 国は使用済みMOX研究加速も…

経済産業省は来年度から、原発の使用済み核燃料をプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料としてプルサーマル発電で再利用した後の燃料について、2030年代後半の再処理技術確立を目指して研究開発を加速させる。電力業界がプルサーマルの新たな計画.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録