熊本タクシー業界再編 コロナ禍で経営合理化

 記者会見で写真に納まる新会社「TaKuRoo」の役員ら=29日午前、熊本市
 記者会見で写真に納まる新会社「TaKuRoo」の役員ら=29日午前、熊本市
熊本市を中心にタクシー事業を展開する10社が合併、発足した新会社「TaKuRoo(タクルー)」が29日、事業戦略を発表した。新型コロナウイルス禍で経営が厳しさを増す中、運行管理部門の集約などで合理化を図る。保有台数は330台で県内最大に。新.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録