IGR20年度決算 2億8967万円の赤字 

IGRいわて銀河鉄道(盛岡市)は29日、同市内で取締役会を開き、新型コロナウイルスの影響で、2020年度決算の当期損益が2億8967万円の赤字になるとの見通しを示した。21年度の収支計画でも赤字を見込んでおり、厳しい経営環境は今後も続くとみ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録