児童センターに「ミニセグウェイ」5台寄贈/横浜 

立ち乗り電動二輪車の操作を実演する川崎英次社長(右)
立ち乗り電動二輪車の操作を実演する川崎英次社長(右)
横浜町の建設業、川崎技興の川崎英次社長と、運送業、悟建材の杉山悟社長は23日、同町の菜の花にこにこセンターに対し、立ち乗り電動二輪車5台などを寄贈した。2人は「地域の子どもたちの笑顔のために役立ててほしい」と話している。 同二輪車は、バラン.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録