フォークボール縫い目で落ちる? スパコンで解析

 硬式球に働く力
 硬式球に働く力
表面の革を糸で縫い合わせた野球の硬式球は投球後、回転により縫い目の凹凸が空気の流れをかき乱すことで、浮き上がったり沈んだりする作用を受けているとの解析を、青木尊之・東京工業大教授(数値流体力学)らが27日までにまとめた。スーパーコンピュータ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録