【コロナ初確認から1年】地域経済に暗い影 支援継続求める声

飲食店が立ち並ぶ八戸市中心街。本来は歓送迎会シーズンだが、客足は乏しい=26日
飲食店が立ち並ぶ八戸市中心街。本来は歓送迎会シーズンだが、客足は乏しい=26日
青森県内で新型コロナウイルス感染者が初めて確認されてから約1年が経過したが、感染拡大は依然、地域経済に暗い影を落としている。特に飲食や観光・宿泊、交通業界は前例のない打撃を受け、地元のホテルなどが閉業に追い込まれた。大規模イベントや祭りは相.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録