【スエズ運河コンテナ船座礁】物流の要衝まひ、長期化で経済打撃

 スエズ運河の混雑状況(ロイターなどによる)
 スエズ運河の混雑状況(ロイターなどによる)
アジアと欧州を結ぶ海上輸送の要衝、エジプト・スエズ運河で浅瀬に乗り上げ、水路を完全にふさいだコンテナ船の離礁が難航している。周辺で150隻以上が足止めされ、1時間ごとに4億ドル(約436億円)の損害発生が推計される中、物流のまひ解消のめどは.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録