【津波想定浸水見直し】原子力事業者「安全性に影響ない」 

青森県が新たな津波浸水想定を公表したことを受け、県内の原子力事業者は総じて「今回の想定では敷地に津波が到達することはなく、安全性に影響はない」との認識を示した。 海抜13メートルにある東北電力東通原発(東通村)の敷地周辺は今回、5~10メー.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録