【津波想定浸水見直し】「心配」「備え強化」 最大26メートルの八戸市民

最大26・1メートルの津波が想定された八戸市=26日
最大26・1メートルの津波が想定された八戸市=26日
青森県が26日に公表した日本海溝・千島海溝沿いなどを震源とする地震の浸水予測で、県内で最も高い最大26・1メートルの津波が想定された八戸市では、臨海部への影響ばかりでなく、浸水区域が内陸部で拡大し、馬淵川流域の尻内地区まで及ぶことが予想され.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録