収賄罪で西目屋前村長を追起訴、一連の捜査終結/青森地検

西目屋村発注の契約で特定の業者が受注できるよう便宜を図り、見返りに石灯籠を受け取ったとして、青森地検は26日、収賄の罪で前村長関和典被告(54)=官製談合防止法違反罪などで起訴、公判中=を追起訴した。起訴は5回目。官製談合事件を端緒とした関.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録