15年ぶり赤字決算に 主力ホタテ、減産とコロナの価格安響く/横浜町漁協

横浜町漁協(二木春美組合長)は26日、同組合事務所で総会を開き、2020年事業報告や21年事業計画など9議案を原案通り承認した。20年は主力の養殖ホタテガイの減産や新型コロナウイルスの影響による魚価低迷が響き、15年ぶりの赤字決算となった。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録