「鉄オタ」インドネシアで急増 日本からの車両輸出に比例

 JR武蔵野線で活躍した205系車両を撮影するインドネシアの鉄道ファンら=2020年12月、ジャカルタ(共同)
 JR武蔵野線で活躍した205系車両を撮影するインドネシアの鉄道ファンら=2020年12月、ジャカルタ(共同)
インドネシアで、駅や沿線上で電車の写真を撮影したり、鉄道の細かい知識を仲間と交換したりする鉄道ファンが、若い世代を中心に急増している。日本から譲渡された中古電車がジャカルタ首都圏で走り始めてからの現象で、インターネットを駆使して日本の最新情.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録