高レベル最終処分の広報施設オープン/北海道2町村

 報道陣に公開されたNUMOの担当者と住民との交流スペース=26日午前、北海道寿都町
 報道陣に公開されたNUMOの担当者と住民との交流スペース=26日午前、北海道寿都町
原子力発電環境整備機構(NUMO)は26日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査が進む北海道の寿都町と神恵内村で、それぞれ広報施設をオープンした。 NUMOの伊藤真一理事は報道陣の取材に応じ「地元の拠.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録