六戸小児童、サケ稚魚放流「また会おうね」 奥入瀬川に10万匹

サケの稚魚を放流する児童
サケの稚魚を放流する児童
六戸町立六戸小(山内亮悦校長)の5年生40人が22日、同町の奥入瀬川でサケの稚魚10万匹を放流し、「大きく育って」「また会おうね」などと声を掛け、成長して戻ってくることを願った。 放流体験は、町の自然環境や命の切さについて考えてもらおうと、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録