【弾道ミサイル発射】北が主導権確保へ先手 警告か再開への布石か

 24日、米ワシントンで演説するバイデン大統領(ゲッティ=共同)
 24日、米ワシントンで演説するバイデン大統領(ゲッティ=共同)
北朝鮮が約1年ぶりに弾道ミサイルを発射した。初の米朝首脳会談に踏み切ったトランプ前政権からの対応変更に悩むバイデン政権を尻目に、金正恩朝鮮労働党総書記は主導権確保へ先手を打った。短距離の警告弾にとどまるのか。米本土を狙う大陸間弾道ミサイル(.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録