福島原発1号機運転開始から50年 デブリ取り出し「最も難物」

 廃炉作業が進む東京電力福島第1原発1号機=24日、福島県大熊町
 廃炉作業が進む東京電力福島第1原発1号機=24日、福島県大熊町
2011年に炉心溶融事故を起こし、廃炉作業中の東京電力福島第1原発1号機が26日、営業運転を始めてから50年となった。今後、溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しなどが控えるが、相次ぐトラブルや高い放射線に阻まれ準備は難航。関係者からは「炉心.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録