H&M不買運動、中国政府が容認 ウイグル問題に絡み

 北京市内にあるH&Mの店舗=25日(共同)
 北京市内にあるH&Mの店舗=25日(共同)
【北京共同】中国新疆ウイグル自治区での強制労働を懸念して新疆綿を使わないと表明していたスウェーデン衣料品大手H&Mに対して25日、中国でボイコットの動きが広がった。中国商務省の報道官は「消費者が実際の行動で反応した」と述べ、不買に理解を示し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録