エンジン制御部品に不具合/F35A緊急着陸

航空自衛隊三沢基地所属のF35Aステルス戦闘機2機が24日に青森空港に緊急着陸した問題で、同基地は25日、取材に対し、1機の警報灯が点滅した原因を調査した結果、エンジンを制御する部品に不具合を確認したことを明らかにした。 緊急着陸を受け、同.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録