野辺地町が経常収支比率改善案発表 指定管理者制導入検討など

野辺地町は25日、経常収支比率の改善に向けた取り組みについて明らかにした。職員数の削減や公共施設の運営体制見直しなどを行い、2025年度までに経常収支比率99%を目指す方針を掲げている。 同日、町役場で開かれた町議会議員全員協議会で説明した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録